治療して入れ歯がピカピカに!欠損部分を補い審美性アップ

医療器具

舌癖も同時に治せる治療

歯科矯正

舌癖によって出っ歯やすきっ歯が生じた場合、普通の矯正治療を施しても意味がありません。舌癖を治すためにも、裏側矯正に切り替えた方がいいでしょう。大抵の矯正歯科では、裏側矯正器具を扱っているので相談してみましょう。

読んでみよう

保険適応の条件とは

院内

大体の人が、インプラントの治療には保険が適応されないという印象を受けてしまいます。ですが、ある条件が揃えば大阪市などの歯科で、インプラントの治療が可能になります。自身の症状と条件を照らし合わせてみましょう。

読んでみよう

傷付けずに使い続ける

歯

東京の歯科で適切なものを作る

虫歯や歯周病になってしまったら、症状によっては抜歯という選択肢を選ばざるを得なくなってしまいます。他の健全な歯が虫歯や歯周病菌に侵食されないためにも、必要不可欠なものです。しかし、何本もいちいち抜歯するのも考えものです。なぜなら、歯が欠損した分だけ、普段の食事に悪影響を及ぼしてしまいます。あるいは、会話で発音がしっかりとできなくなります。食べられるものが制限されたり、会話がろくに聞き取ってもらえなくなったりするのは、何としてでも避けていきたいものです。そこで、入れ歯を利用するという選択肢があります。入れ歯は、欠損した歯の代わりに装着するもので、多彩な種類のものが存在します。総入れ歯から部分入れ歯まで、口内症状によって利用するものが異なってきます。東京などにある歯科に相談すれば、顎の形状などに合わせて、適切なものを作り上げてくれます。ぴったりなものを東京の歯科で作ってもらいましょう。

おすすめのブラシでピカピカに

ただし、入れ歯を利用する以上、注意しておきたい点を熟知しておいた方がいいです。なぜなら、入れ歯は自前の歯と異なり、デリケートなものだからです。毎日清潔に使用するためにも、毎日の手入れを欠かさずにやりましょう。どのような手入れをすればいいのかというと、ふつうの歯磨きを避けたほうがいいです。あくまで、人工的に作られた歯なので、歯磨き粉や歯ブラシで磨くと傷が入るおそれがあります。東京などにある歯科がおすすめする専用ブラシで丁寧に水洗いをするのがおすすめです。また、ニオイ成分が付着しているとおもったら、洗浄剤に漬け込むのも有効です。

ベテラン医師が多数在籍

インプラント

インプラントの埋め込みは、実績豊かな新宿の歯科を利用しましょう。開業から約20,000件の治療を施してきた程なので、失敗した気持ちになることはありません。多彩なメーカーの部品があるのでぴったりなものがみつかりやすいです。

読んでみよう